人を殺しても罪にならないことを知っていますか?

DAY 3

人間は2才までにかけられた言葉でメンタルブロックが出来上がります。10才までに浴びせられた言葉はセルフイメージになります。
言葉によって固定観念や価値観、人格が形成され、それが「人生」となります。つまり「言葉は人生のレール」であることを理解すると、人生を思い通りにコントロールすることができます。

 講義に関する質問はありますか?

今回の講義に関して疑問点がある方は、LINE@から講師に直接質問をすることができます以下のボタンより友達追加をして頂き、ご質問ください。

また、皆さんから頂く質問などにも音声で答えており、これはLINE@のみでの提供となります。

今回の動画講義に関する質問はこちら/

友だち追加

わからないことは遠慮なく質問してください

人生最大の武器は「言葉」だということがわかりましたか?

なんとなく当たり前に使っている言葉ですが、ときにそれは「凶器」にもなります。

さまざまな人の悩みを聞くと、「過去に他人から言われた言葉」や「親から言われた言葉」がトラウマになっていたり、それがキッカケで自分に制限をかけてしまっている人が多いと感じます。

発信した側は忘れていたり、悪気のない冗談だったりという場合が多いですが、受け取った側の許容量やそのときの心理状態によっては、ネガテイブに捉えてしまい、傷つくことに繋がってしまうこともあります。

もちろん、どちらが悪いではなく両者とも「言葉」の力を理解できている状態がベストです。あなたからまず、相手にかける言葉を選んでいきましょう。

言葉を操ることで、人生は自由自在にコントロールができる

「言葉」は心を殺し、人生も壊すほどの威力を持っています。逆を言えば言葉を操れる人は、人生を自由自在にコントロールすることができるとも言えます。

「あなたはあなたが考えた通りに人になる」「言葉が人生のレール」「口にすることで叶う」

つまり、「自分とはこういう人間だ」とか「私は○○になる!」といったセリフは、そのまま現実になる
とうことです。

過去に誰かに言われた「あなたはどうせ成功できない人間だ」という言葉を事実と思い込んで、自分の可能性をそこまでにしておくのもあなたです。

一方で、「私は必ず成功する人間だ」と自分の価値を決めることを選ぶのも、あなたです。

自分で自分にプラスの言葉をかけていきましょう。

もし、あなたにお子さんや家族がいて子どもに関わる仕事に従事されているなら「肯定的な言葉を使う」これを徹底してください。