愛情とは何か。判断基準を身につけるための2つの要点

愛ってなんだろう。愛があれば大丈夫でうまく行くことないよね。あと、女子は愛情がわからないとか言うけど、どうしたらわかるの?愛しているって言っても伝わらないし、口ではいくらでも嘘つけるし本当に愛があるかどうかはどこで判断したらいいのかな
JYO
JYO

 

愛について悩むことは多いです。よく、言葉は使いますが、何のことかは教えてくれる人がいないからです。

具体的に愛とは何かを2つのポイントを通して解説していきます。これを理解すれば、見せかけの愛情に振り回さられる人生から解放されます。

私は幼い頃から愛情がわからず、育ってきました。そのため、常に愛とは何かを追求してきましたし、感情的なものが愛と勘違いしていたい目もしてきました。特に、異性関係では、口では愛を囁いても行動は自分勝手なところを見て、信用できなくて病んだこともあったのですが、それは愛とは何かをわかっていなたっかことが原因でした。今では、言葉ではなく行動で判断することで、真の愛情を知ることができています。

愛とは何か2つのポイント

簡潔にまとめると、以下の2つが真の愛を見極めるポイントです。

  1. 愛とは行動
  2. 愛の反対は無関心

 

1.愛とは行動

愛は「気持ち」、「感情」、「言葉」、「思いやり」ではありません。具体的な行動を指します。愛は、あくまでも行動の結果によって具現化する価値観です。つまり、愛は名詞ではなく動詞なのです。たとえば、恋愛をしたときに「愛している」と囁き合うでしょう。しかし、それは愛ではないんですね。逆に、言葉はなくても相手を想いやった行動をしていた場合、それが愛情です。若いときは言葉が先行して、愛情を図るものさしがわからずに、思い悩むことはたたあります。

愛してるという言葉では食べていけません。いくら愛しているからといっても、具体的な行動がないと何も叶えられませんよね。愛とは感情ではなく、行動の先にたどり着くものです。

2.愛の反対は無関心

愛の反対は無関心です。無関心なものには反応も行動も起こしませんよね。そういった意味では、批判やネガテイブも愛ではあるのです。私は、20だい半ばの頃、異性関係でトラブルにたくさん巻き込まれてきました。その多くは、女子の嫉妬、妬みからくるものでした。私が具体的に何かをしたわけでもなく、ただ存在しているだけで妬まれました。誰にも嫌われたくないとビクビク生きていたので、文句を言われていることは苦痛でした。しかし、あるとき気づいたんですね。文句を言われる、嫉妬されることは光栄なことに。興味のないことは嫌いという感情すらも湧いてきません。そして、いちいち私の行動が気になるということは、ものすごく私を知ってくれているということ。そこから、みんな私のことが大好きなんだね!と想い、嫌われることに恐怖を感じなくなりました。

一方で、結婚していたときは、元旦那には言葉はたくさんもらいましたが、実際の行動は伴っていませんでした。できることに限界があったのはわかります。人には人のキャパがあるので。しかし、それにしても、子供がいるとは思えない今しか考えていない楽観主義やだったので、責任は全くありませんでした。人は守るものあがあるほど、お金の問題から逃げてはいけません。これも1つの行動ですよね。

愛しているという言葉だけを信じない
あなたのために何をしているのかを見よう
口動ではなく行動を見よう
愛の反対は無関心。嫌われることも愛

まとめ

愛しているというのは口動で、具体的にそのために動くことが行動です。actionですよね。

愛してると言いながら毎日家でゲームしていたらどうでしょうか。不信感に陥りますよね。頑張りますという宣言は素晴らしいのに、締め日になったら営業成績0だったらどうですか。やる気ないとみなしますよね。

つまり、行動が全てです。以前にも行動が全てと書きましたが、愛も行動なのです。好きだから一緒にいたいではなく好きだから具体的に何をするか?が重要です。

 

愛と聞くとなにをイメージされますか。あなたにとって愛とはなんですが。

解決法
これができれば、愛情か小手先かを見極めて、よりよい愛情関係を築くことができます。また、愛情を信じられない、騙されない。執着するなどのことはなくなります。快適な関係を築くことができます。

根拠
私は、愛情は名詞という価値観がありました。愛しているという言葉で愛情だと思ったのです。しかし、その価値観でたくさんの失敗をして愛情が信じられることができませんでした。しかし、愛とは動詞。言葉でではなう行動だということを理解してから、幸せな人生を送っています。

愛は動詞である
有名なマザーテレサの言葉に愛とは名詞ではなく動詞だという言葉がありますよね。
一体どういう意味でしょうか。

愛情を見極める方法

愛情を見極める方法は以下の

  1. お金は愛を数値化したもの
  2. 愛とは動詞である
  3. 言葉ではなく行動を見る
  4. 自分も言葉だけでなく、行動で示す

 

1.

 

2.

 

3.

 

 

4.

 

愛があれば貧乏でも良い
そんな訳ありません。それは愛を武器頑張らなくて良い自分を正当化しているだけです。

世の中には願望をもたず、正しくは気付かずただいきているだけの人が多いのも事実です。たとえば、ドラッグストアで日用品を購入するときに、体に害のないものを買うか、好きな匂いのものを買うか、があると思いますが、このタイプはやすければなんでもいいという人です。

そのような価値観のもの同士がくっつけはいいですが、本末転倒ですよね。ネガティブなもの同士が負の連鎖です。

 

 

求めるもの

 

 

 

まとめ

 

 

あなたは人生で最も失いたくないものを失った経験はありますか。

もしあったとしたら、それは何でしたか。また、なぜ失ったのでしょうか。

結論、失ったり目標未達、または詐欺に遭うなどの不利益は、全てあなたの力不足が原因なのです。

失いなくなかったら守る

わかりやすい例えでいうと、恋愛です。

とっても好きな人がいて、一生かけて守りたい一緒にいたいと思うとします。

しかし、あなたは日雇い社員でいつ仕事がなくなるかわからない状態です。

しかし、あなたの求めるものは彼女と結婚して子供を作りしあわせな家庭を築きたいです。しかも子供は3人以上を希望し、全員望む進学をさせてあげて、あなたも妻と旅行など楽しい時間をたくさん過ごしたいと考えています。

もちろん、結婚式もハネムーンも行きますし、婚約指やも結婚指輪も渡したいです。家は一軒家か2ldkのマンションがいいです。

しかしあなたの現状はいかがでしょうか。

日雇い社員で月15万の収入。実家暮らしでたびたび携帯電話すらも止まってしまう始末。

本気で好きな人ができて夢もできたけど、日雇い社員以外の選択肢がなく、新しい行動は一切しない。いつか現状は変わると信じていつもと変わらない毎日を送る。

如何でしょうか。矛盾に気づいたでしょうか。

このように、夢は抱いても現実行動を一切かえず、突然なにかが変わってなんとかなるだろうと思っているひとが大半です。

なにかを変えたければ習慣を変える

何もかえないで、現実を変えようとするのは精神異常者の考えだ。

有名な言葉ですね。その通りです。

現実や未来を変えたければ行動を変えなければいけません。今の結果は良くも悪くもあなたがこれまでしてきたことの結果です。

今と同じ行動の延長線上に大きく変わった未来は10000%存在しません。

このことに気づいて行動をかえ、チャレンジした人だけが未来を変えていけるのです。

恋愛のケースでわかりやすくたとえましたが、女性は現実的です。どんなに大好きな人でも行動が変わらず現実を変えようと努力しないひとは、選択肢から弾かれていきます。

それはいい女であればあるほどです。

幸せにするといいながらも、やっていることが未来につながっておらず、現状もダメで、行動も考え方も改められなかったら終わりなのです。

大事なものほど自分が力をつけて守る努力が必要です。本当に大切なものほど簡単には手にはいらないし、守れないのです。

失ってから気づく、失わないと気づかないことがよくあります。しかし、これは失うことによつて、どれだけソレが大切だったのか、どれだけ力不足だったのかが見えるのです。

同じことを繰り返して失って気づいたと毎回言ってるひとは、そもそも大切なことがわかっていない、定めていない、失ってる自分が好き、という傾向にあるので

悲劇のヒロインタイプはこれに該当しません。

人間、口では簡単に守るだのなんだのと言えますが、行動は嘘をつけません。

今あなたは大切と思ってることにどれだけ命かけて毎日向き合って居るでしょか。

そこまでではないと思ったら、それはもしかして本当に大切なものではないし、当たり前に近くにありすぎて大切なことに気づいてない可能性もありますね。

大切なことを見極めるためには、あなたの大切なものはなにか?まずは自分と向き合って大切なものに気づく方が大切かもしれません。

大切なことを決めていないと、全てが大切に見えるものです。大切なことがわかってないと、何を優先していいか定まらず、大切なものから遠ざかっていることもあるかもしれませんね。

友だち追加

無料Ebook「幸せな子どもが育つ方法」プレゼント!

児童養護施設の子どもへの関わり方ハウツーを無料メルマガにて授けます

【準備中】児童養護施設でくらす子どもたち向けのワークショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です